-Louis Poulsen PH4/3 修理・レストア- KARTE♯319


執刀医の「ランプドクター」 ことDr.龍太郎だ


スタイリッシュな海外製ランプを
調子を崩した思い入れのあるランプを

「安心・安全」にお使い頂けるようベストを尽くす
それが俺たちチーム Land 

このブログは「某医療ドラマの天才外科医」風でお届けしています
彼の珈琲焙煎士としての活躍と発展を全力で応援しています

【登場人物】
・Dr.龍太郎&第一助手 Dr.伊集院

にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
にほんブログ村

 

まず、患者(ランプ)の状態を知りたい
伊集院、プレゼンを頼む

・本日の患者(ランプ)

以上です(第一助手.伊集院)

 

分かった、、、(Dr.龍太郎)

これより
「louis poulsen PH 4/3 の修理・レストア

オペ
を行う

行くぞ!

 

Landでは、経産局認定の自社工房にて
「安心・安全」にお使い頂けるよう
リメイクを行い、
お届けしています

 

患者(ランプ)の状態を報告します
(第一助手.伊集院)


まず外観ですが
塗装が剥げてしまっている状態です

メーカーに問合せしたところ・・・
の為 (Land) に来院されました
(第一助手.伊集院)

 

次に電気部分です
ソケットの腐食が見られ・・

 

固定ビスも1本のみでグラグラ状態です
(第一助手.伊集院)

 

早速始める、
まず塗装に回せるよう全て分解する、、
(Dr.龍太郎)

 

全パーツ摘出、終了

 

この複雑な層構造、塗装は難しい

綺麗に塗るには全てバラす必要があるが
固定はすべてリベット止め、、

メーカーが断るのも頷ける・が・・

Land を信頼してくれる限りベストを尽くす
(Dr.龍太郎)

 

そして・・・塗装から上がって来ました
綺麗に仕上がっています

リベットも全てやり直し
フレンジカバーも同色塗装しました

これなら喜んでもらえそうです!
(第一助手.伊集院)

 

あぁ、、、(Dr.龍太郎)


次に電気部分だ
ケーブル、ソケット、引掛けキャップ
の交換を行う(Dr.龍太郎)

左:交換前 右:交換用

 

ソケット部分、終了(Dr.龍太郎)

 

本体に組み込んで行くが、その前に
塗装が傷つかぬよう保護テープでガード
(Dr.龍太郎)

 

ソケットの組込み、終了、、(Dr.龍太郎)

 

引掛けキャップ装着、終了、、(Dr.龍太郎)

 

電球をセットし、ボトムカバーを装着
クリアランスの確認も行った、、
(Dr.龍太郎)

 

終了、、(Dr.龍太郎)

 

給電は引掛け式にて制作
設置場所の形状が下記何れかの場合
ご自身で設置可能です(第一助手.伊集院)

※ライティングレール仕様もオーダーOK

※取付例)引掛埋込ローゼット

 

仕上げに入るぞ!
絶縁耐力・外観等試験を行う、、

 

続いて点灯試験を行う、電球セットOK
※最下部が青いのは傷防止テープです

 

電源ON! 点灯!!

 

オペ(修理・レストア)終了

 

これで「安心・安全」に愛用頂けます
ご依頼ありがとうございました

 

急ぐぞ!
次の患者(ランプ)が待っている!!


◎旧ブログも御覧頂けます ⇒ アメブロ FC2ブログ
—————————————————————————

◆◇海外照明の輸入・販売・修理・仕様変更◇◆

◆◇世界中からセレクトした輸入雑貨専門店◇◆

◆◇ハーブバスソルト専門店◇◆


  にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ

営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝日、第2・4水曜
—————————————————————————