ー海外製スタンドランプ修理・加工ー KARTE♯68

「安全なランプを使いませんか?」
Land では大切なランプを、安心・安全にお使い頂けますよう修理致します
■ PSE対策をお考えの販売店・設計事務所・施工業者様
■ インテリアランプの修理先をお探しの個人様
■ 海外やオークション等で購入したランプを国内で使用したい
■ シャンデリア、ペンダント、スタンド等のランプの買取・委託販売

◎個人・業者様問わず、修理・点検は1台から数百台単位迄対応可能です
—————————————————————————————————————————

Land の「ランプドクター」ことDr.龍太郎だ
日々来院される患者(ランプ)の治療(修理)にベストを尽くす
それが俺たち、チーム Land だ
このブログは、某医療ドラマの主人公に強烈に感化された物語です。。
彼の回復と復活を心より祈っています。。。

にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
にほんブログ村

在籍していた アメブロ大学(アメブロ) は加藤に任せ
Land病院の院長に就任した

 

まず、患者(ランプ)の状態を知りたい
前立ち、プレゼンを頼む

・本日の患者(ランプ)
スタンドランプ(海外品)1灯用

・アドレス(ご依頼地域)
石川県 金沢市

・ご依頼様情報
雑貨店様

・症状・ご依頼内容
PSE(電気用品安全法)に適合

以上です

龍太郎先生、次も工業系スタンドランプです・・・(伊集院)

いいか伊集院、、
患者(ランプ)が何であろうと関係ない、、、
俺たちは患者の為にベストを尽くす、、、、
それだけだ、、、、、
毎度、つい余計な事を言ってしまう伊集院・・・

 

これより、1灯用スタンドランプのPSE適合オペ(修理・加工)を行う

行くぞ!

 

まずはソケットの撤去から始める

 

この構造か、、伊集院、裏側からアプローチだ、、、

 

ベース部分。インダストリアル系によく見られる仕様だ

 

ソケットの摘出、終了

 

裏側からこのパーツでソケットを固定していた

 

ソケットの形状はB22D。日本では電球入手に困るタイプだ、、

 

新たにセットするのはPSEマーク付E17ソケット。電球の選択肢が大きく広がる

 

電線の摘出、終了。スイッチから先のコンセントプラグがない、、

 

電源コードはPSEマーク付の中間スイッチ仕様を使用する

 

アーム可動部。電線保護が入っていない場合、擦れ、傷んでいる事が多い

 

予想通り、、保護が入っておらず被覆が傷つきショート寸前、、、

 

新しい電線への交換と合わせ、電線保護を装着。決して手を抜かない、、

 

アーム可動部分のセットアップ、終了

 

続いてソケットへ配線。当然、入線部分には電線保護パーツを使用する

 

装着!

 

ソケットへの電線接続、終了

 

続いてソケットの装着、終了

 

組み上がった、、

 

絶縁等の測定試験を終え、いよいよ点灯テストの準備だ

 

電源ON!

 

点灯!

 

オペ(修理)終了

これで安心して使用頂けます
ご用命ありがとうございました

 

急ぐぞ!次の患者(ランプ)が待っている!!

◎旧ブログも御覧頂けます ⇒ アメブロ FC2ブログ
—————————————————————————————————————————

◆◇アンティーク・ヴィンテージ・輸入・国内製照明器具の販売・修理・修復・加工◇◆
url: https://land-aal.shop-pro.jp
  
受付時間:AM10:00~PM17:00
定休日:土・日・祝日
—————————————————————————————————————————

にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
にほんブログ村