-海外製テーブルランプの修理- KARTE♯184

「安心・安全」に使えるランプをお届けする
■ 国内・海外ランプの修理・修復・加工・ PSE適合
■ ご自宅・商品・施設等の仕様に合わせたカスタマイズ
■ 海外製品を日本で使えるように仕様変更
■ 点検、コードやチェーンの延長・短縮・交換

◎1台から数百台単位迄可能です
—————————————————————————

「ランプドクター」ことDr.龍太郎だ
患者(ランプ)の治療(修理)にベストを尽くす
それが俺たちチーム Land 

このブログは「某医療ドラマの天才外科医」風でお送りしてます
彼の珈琲焙煎士としての活躍を心より喜んでいます

【執刀医】
・Dr.龍太郎

にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
にほんブログ村


まず、患者(ランプ)の状態を把握する

・本日の患者(ランプ)
海外製テーブルランプ

・ご依頼地域
港区

・ご依頼者
個人 S 様

・症状・ご依頼内容
点灯するように修理して欲しい

 

これより、海外製テーブルランプの「不点灯修理」オペを行う

行くぞ!

 

 

Land では、経産局認定の自社工房にて「安心・安全」にお使い頂けるようリメイクを行い、お届けしています

 

状態の確認をしていく、、試してみたが点灯しない、、、

 

ん?ベース部分から「ゴトゴト」音がする・・
開胸(開けて)して確認する、、

こ、これは・・中のコンクリート重りが砕けてしまっている・・・
これが無いと倒れやすくなるので対策が必要だ、、

 

ソケット部分をバラシで行く、、不点灯の原因はこのソケットだった、、、

 

この部分、新しいソケットを装着してしまうと手が入らなくなる、、
だから、先に清掃しておく、、、

 

清掃、終了、、

 

交換する為に外したパーツのすべてだ、、

 

「安心・安全」に使用頂けるようソケット、ケーブル、ON/OFFスイッチ等
全ての電気的パーツをPSE(電安法)規格品に交換する、、

 

破損していたコンクリートの重りも取除き、清掃も行った、、
さて、どうする、、、

 

・・鋳鉄製の重りを使う
これなら、割れることもなく適度な重量で安定する、、

 

終了、、

 

仕上げに入る!
絶縁耐力・外観等の試験を行う、、

 

続いて点灯試験を行う、電球セットOK

 

電源ON! 点灯!!

 

 

オペ(修理)終了

 

これで安心して使用頂けます
ご用命ありがとうございました

 

急ぐぞ!次の患者(ランプ)が待っている!!


◎旧ブログも御覧頂けます ⇒ アメブロ FC2ブログ
—————————————————————————————————————————

◆◇アンティーク・ヴィンテージ・海外・国内製照明器具の修理・修復・加工◇◆

◆◇世界中からセレクトしたインテリアランプ・インテリア雑貨専門店◇◆

◆◇ハーブバスソルト専門店◇◆


  にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ

営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜、第2・4水曜
—————————————————————————————————————————